引越し キャンセル料

引越しとキャンセル料

引越し キャンセル

 

予定していた引越しがどうしても出来なくなることも考えられます。
例えば急病による手術や、交通事故、長期の出張命令など、自分では調整できない場合は引越しをキャンセルする他ありません。

 

気になるのはキャンセル料についてですが、どうなっているのでしょう?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

つまりキャンセル料がかかるのは、引越し日の前日のキャンセルからであることがわかります。
引越し業者が独自に法外なキャンセル料を設定したりできないようになっているようで安心ですね。

 

しかし引越し業者にとっては、2日前だろうが1週間前だろうがキャンセルは迷惑にほかなりません。
ですからキャンセルが決まったら、できるだけ早く引越し業者に連絡してくださいね。

 

引越し日までに時間があれば他の人の予約を受付する余裕があるからです。
この「標準引越運送約款」は引越し業者には大変不評なため、いずれ改訂される可能性があります。

 

必ず引越し業者を交わした契約書の「キャンセル」の項目にも目を通しておいてくださいね。